リーズ・ウィザースプーン

(映画)
りーずうぃざーすぷーん

Reese Witherspoon


1976年3月22日アメリカ・テネシー州ナッシュヴィル生まれ。
本名はローラ・ジーン・リーズ・ウィザースプーン
父は外科医で、母は小児保育で博士号を取得している。
「みんな愛してる」(93)、「ラスト・ウインド 少年達は砂漠を越えた」(93)に出演しながらスタンフォード大学に通い、「連鎖犯罪 逃げられない女」(96)、スリラー映画「トワイライト」(98)に出演し、学校をやめ女優業に専念することを決心する。「カラー・オブ・ハート」(98)、「クルーエル・インテンションズ」(99)、「ハイスクール白書/優等生ギャルに気をつけろ!」(99)などを経て、「キューティ・ブロンド」(01)でブレイク。新時代のコメディの女王に。
『ウォーク・ザ・ライン』でカントリー歌手ジューン・カーターを熱演してアカデミー賞主演女優賞他を独占受賞し、一躍セレブの仲間入り。
1999年6月、俳優のライアン・フィリップと結婚。二児の母。その後、離婚。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ