Hatena Blog Tags

リーマス

(サイエンス)
りーます

医薬品
 炭酸リチウム錠。
 躁病や躁うつ病(双極性障害)の症状改善薬で気分が躁状態になるのを抑える。
 うつ病にも、抗うつ剤の効果増強剤として使用される。
 双極性スペクトラムの考え方によると、抑うつ状態の患者への第一選択薬ともなる。
 妊娠中の服用は、胎児の心臓に悪影響が出るためさけるべき。
 リチウム中毒と作用の調整の為、投薬量を決めるには、血中濃度を測定するために、服用して1週間ぐらいして、血液検査が必要。
 また長期的に、場合によっては一生、躁病の予防薬として飲み続ける必要があるが、その場合も3か月〜半年間でのチェックが必要。
 躁を抑えるときの血中濃度より、予防時は低い濃度で投与を行う。

 
 同じ躁うつ病の治療薬として使われるバルブロ酸(商品名:デパケン、バレリン、セレニカ)との違いとして、
 炭酸リチウム(商品名:リーマス)は気分が爽快な、典型的な躁病を伴う人に有効性が高く、バルブロ酸は不機嫌な躁状態を伴う人に有効とされている。
 

 

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

ベストセラーの謎 ――挨拶を忘れるフランス人じゃありません ルブラン「ルパン対ホームズ」 タロウ記 「中野太郎は知恵ある少年であった。浦河町、厚沢部町、松前町の小学校で、一番の成績を取り、末は博士になるであろうと言われた。だが松前中学校で三番になり、函館東高校で悲惨な成績を取るに従って、これはどうしたのであろうか、太郎は全知全能の神ではないかと思っていたが人間であり、サボっていると成績が落ちると知った。太郎は大学はようやく法政に受かったが入試の成績が良く奨学金をもらったが風俗に行ってしまった。風俗には千回も行ったが無駄だった。快楽のみが悟りではないと思った。高校に習ってろくに勉強をしなかった。…

超越こそ最終境地、成人。。

マクロ経済学では国内総生産など、統計を使って各種の指標を作ることが大事である。資金循環表では資金のフローとストックを各種相互作用を見ながら掴むことが重要である。労働統計では失業率など統計で労働者の様子を掴むことが肝要である。経済成長では各種、各合理性の資本蓄積を見ながら全体的成長を把握することが大事である。短期モデルではケインズモデルに学び乗数効果など、に配慮を払いながら観察することが大事である。中期モデルは企業の独占力に注意を払いながら貨幣ショックなどで、移動することを観察することが大事である。ニューケインジアンモデルではミクロからの数式の導入をしながらマクロモデルを繰り広げることが大事であ…