ルイ17世

(社会)
るいじゅうななせい

理念上のフランス国王。ルイ16世の王太子。
フランス革命の結果、幼くして両親を失い、自らは幽閉の身となる。1795年に病死。

亡命した王党派は国王処刑後はルイ17世がフランス王国の国王であると主張したが、病死に伴い、「摂政」を名乗っていたルイ16世の弟プロバンス伯が次の国王ルイ18世を名乗ることなった。
なお、ルイ17世の死に関しては不審な状況を指摘し、替え玉説などが唱えられることもある*1

ブルボン朝

ルイ16世→(ルイ17世)→ルイ18世

*1:一応、DNA鑑定では本人が亡くなったとされている

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ