ルチアーノ・ガジェッティ

ルチアーノ・ガジェッティ

(スポーツ)
るちあーのがじぇってぃ

ルチアーノ・ガジェッティ Luciano Galletti
1980年4月9日生まれ、ラプラタ出身。177cm 70kg
※イタリア国籍ももっているイタリア系アルゼンチン人なので、「ガレッティ」が正しいが、一般的なアルゼンチンでの「ll」の読み方の方が通っているらしいので、「ガジェッティ」とする。しかし、それなら「ルシアーノ・ガジェッティ」か「ルチアーノ・ガレッティ」かどちらかだと思うのだが、日本のメディアはその辺はっきりさせていない。

1997〜1998 エストゥディアンテス(アルゼンチンリーグ)
1999〜2000 ナポリ(セリエB)
1999〜2000 パルマ(セリエA)
2000〜2001 エストゥディアンテス(アルゼンチンリーグ)
2001〜2002 サラゴサ(リーガ・エスパニョーラ)
2002〜2003後期 エストゥディアンテス(アルゼンチンリーグ)
2003〜 サラゴサ(リーガ・エスパニョーラ)

ペッケルマンの秘蔵っ子の一人。1997年のU-17世界選手権のエースで、翌年には「飛び級」でU-21入りした。1998年11月に来日し、日本代表と対戦したこともある。このとき「スピードあるプレーと左右両足から繰り出される強烈なシュートを見てくれ。将来A代表入りも確実だ」とペッケルマンは語った。フル代表としては2003年から親善試合や南米予選に呼ばれており、2003年6月の日本代表戦に出場している。

1998年12月、移籍金600万ドル(約7億2000万円)でパルマへ移籍したが、パルマとしては出場歴がなく、パルマからナポリへレンタルという形で移籍。ガジェッティはエストゥディアンテス時代にチームとプロ契約を結んでいなかった(!)ので、そのためパルマ側はアマチュア選手であるため移籍金は当然発生しないという見解を出していた。この件で長期に渡りエストゥディアンテスとガジェッティ側はもめておりFIFAまで介入する事態となっていた。改めてエストゥディアンテスと正式に契約を行うことが決まり、それに合わせて2000年6月末までのナポリへのレンタルが決まったという経緯がある。間抜けな話である。その後、レンタル期間が終了すると、ナポリは延長する気がなく、エストゥディアンテスに戻って行ったのである。

また、サラゴサに移籍後、2002-2003シーズンは降格してしまったので、エストゥディアンテスに戻って来た模様。その後2003-2004シーズンに再びサラゴサが昇格したため、リーガ・エスパニョーラでの活躍が期待される。

新着ブログ: ルチアーノ・ガジェッティ