Hatena Blog Tags

ルノー

(一般)
るのー

RENAULT

フランスの由緒ある自動車メーカー。
1898年 Société Renault Frères(ルノー・フレール社)として創業。
ルノー・フレール社は1945年1月に国営化され、名称を「ルノー国立公社(Régie Nationale des Usines Renault)」に変更した。
1984年に経営危機に直面したが、カルロス・ゴーン氏が副社長として建て直しをはかった。
1990年に公社から有限責任会社となった。
1996年7月に民営化が始まるまでは、実質、国営企業であった。
1999年3月、日産自動車と提携。
1999年7月、ルーマニアダチアDACIA)と提携。
2000年9月、大韓民国韓国)のサムスンSAMSUNG)と提携し、ルノーサムスン 発足。
2001年、ルノーの商用車部門(Renault Trucks)をボルボが買収。また、ボルボルノーの出資を受け入れ、ルノーが筆頭株主となる。

F1

1977年から、ルノー・スポールとしてF1グランプリに参加。
F1にターボエンジンを持ち込み、80年代前半にはトップチームの一つとして活躍したが、1985年を最後にF1撤退*1
1989年からエンジンサプライヤーとして活動を再開し、ウィリアムズ、ベネトンなどにエンジンを供給。ホンダ撤退後のグランプリを席巻し、1992〜97年までのコンストラクターズタイトルは全てルノーエンジンの供給先による。
2000年、ベネトンを買収。
2002年からルノーのフルワークスとして活動。
チーム名は、2002年から2006年まで「マイルドセブン・ルノーF1チーム」。
2007年からオランダの金融グループINGグループがタイトルスポンサーとなり「ING・ルノーF1チーム」となる。


リスト::F1

*1:エンジンサプライヤーとしては1986年まで。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

広瀬隆と安部芳裕の謎

広瀬隆は早稲田の理系で医学書翻訳から反原発活動やロスチャイルドやロックフェラーの運動に関わりますが 一切赤い盾で田布施システムや天皇財閥、また広瀬隆の日本の財閥は明らかにレベルが低く、天皇財閥にも日本の四大財閥にも触れない、障害者だけ生きればいいとか逆差別ナチズム発言するとかクラエゼヴィッツを馬鹿にするとか地球寒冷化が事実であって地球温暖化は出鱈目だとかナチズム的デマも多い作家です。 安部芳裕は地方通過とかも気になりますし関東学院という小泉進次郎、小泉純一郎親子のつながり、ロスチャルドのつながりが気になります、通貨発行権ととか政府紙幣とか見るべきものはありますし、マイヤーの革命行動計画とか陰謀…