レイ・ミランド

(映画)
れいみらんど

Ray Milland

イギリス出身、アメリカで活動した俳優。
 1905年1月3日、ウェールズ出身。本名レジナルド・アルフレッド・ジョン・トラスコット=ジョーンズ。
 ビリー・ワイルダーの『失われた週末』でアカデミー賞受賞。
 1986年3月10日没。

主な映画出演作:
ボレロ (1934)
ボー・ジェスト (1939)
絶海の嵐 (1942)
恐怖省 (1944)
失われた週末 (1945)
大時計 (1948)
ダイヤルMを廻せ! (1954)
夢去りぬ(1955)
性本能と原爆戦 (1962)
X線の眼を持つ男 (1963)
ある愛の詩 (1970)
吸血の群れ (1972)
ゴールド (1974)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ