レプトン

レプトン

(サイエンス)
れぷとん

lepton


素粒子の一種。ギリシア語の「軽い」が名前の由来。
レプトンはクォークと同じく3つの世代があり、第1世代から第3世代に向かうにつれて、質量が大きくなってゆく*1
レプトンには世代以外に電荷を持つものと持たないものの2グループがある。-eの電荷をもつものは、電子*2、ミューオン*3、タウ*4であり、電荷をもたないものはニュートリノ(電子ニュートリノ、ミューオンニュートリノ、タウニュートリノの3世代)である。

関連

リスト::物理関連

*1:ただし、ニュートリノは質量があまりに小さいため、その絶対値は計測されておらず、この法則が当てはまるかどうかは判っていない

*2:第1世代

*3:ミュー粒子とも。第2世代。大昔はミュー中間子と呼ばれていたが、現在の分類では中間子ではない

*4:タウ粒子。第3世代。陽子の約2倍の質量を持つ、「重い」レプトン。

新着ブログ: レプトン