レミントン

(一般)
れみんとん

Remington


アメリカの事務機・コンピューターメーカー。

19世紀末、タイプライターメーカとして登場。事務機器メーカーのランドと合併してレミントンランドとなる。

その後、軍用拳銃のM1911(コルト・ガバメント)を製造したり、ダグラス・マッカーサーが会長になったり、初期の汎用コンピューターであるUNIVACを作ったりする。

最終的にスペリー社によって買収され、スペリーランドとなり、レミントンの名は消えた*1

*1:スペリーの名自体もバロースとの合併で消滅し「ユニシス」となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ