ロドプシン

(サイエンス)
ろどぷしん

「視紅」ともいう。目の網膜に存在する色素。
(Z)-レチナールという分子がオプシンというタンパク質に結合したタンパク質。ロドプシンに光が当たると、レチナールとオプシンが分離する。しばらくして、再びレチナールと結合して元の状態に戻る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ