ロナルド・コース

(読書)
ろなるどこーす

(ロナルド・H・コース、Ronald H. Coase、1910年12月29日 - 2013年9月2日)
イギリス生まれの、アメリカの経済学者。1991年にノーベル経済学賞を受けた。

業績

"The Nature of the Firm(1937年、企業の本質)"と"The Problem of Social Cost(1960年、社会的費用の問題)"の二つの業績により、1991年にノーベル経済学賞を受賞した。これら二つの論文はいずれも大著ではなく、執筆している論文の数自体も多くはなかったが、それまで経済学において議論されてこなかった「権利」や「法」による外部性の分析、「取引費用」概念による企業存在の基礎付けというユニークな業績を認められての受賞であった。 "The Problem of Social Cost"で彼が発見したメカニズムは「コースの定理」として知られている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ