ロバート・アルドリッチ

ロバート・アルドリッチ

(映画)
ろばーとあるどりっち

Robert Aldrich(1918-1983)
監督、プロデューサー、脚本家

  • 1918年8月9日、アメリカ/ロード・アイランド州クランストン生まれ
  • 1983年12月5日、アメリカ/カリフォルニア州ロサンジェルスにて死去(腎不全)
  • 生名:Robert Burgess Aldrich*1

略歴

名門一家に生まれ育ち、映画界入り。チャールズ・チャップリンの名作『ライムライト』の助監督等を得てから1953年の『Big Leaguer』で監督デビュー。人間の怒りや執念を数多く描き、「骨太」「男性派」とも言われた巨匠となる。映画の出来不出来も激しかったが、『ヴェラクルス』『キッスで殺せ!』『攻撃』『何がジェーンに起こったか?』『飛べ!フェニックス』『特攻大作戦』『北国の帝王』『ロンゲスト・ヤード』等、名作も数多い。男尊女卑との批判もあったが、遺作は女子プロレスを描いた名作『カリフォルニア・ドールス』だった。

主な作品

主なDVD

攻撃 [DVD]

攻撃 [DVD]

フィルム・ノワール傑作選 [DVD]

フィルム・ノワール傑作選 [DVD]

ふるえて眠れ [DVD]

ふるえて眠れ [DVD]

ヴェラクルス [DVD]

ヴェラクルス [DVD]

何がジェーンに起ったか? [DVD]

何がジェーンに起ったか? [DVD]

ロンゲスト・ヤード [DVD]

ロンゲスト・ヤード [DVD]

フリスコ・キッド [DVD]

フリスコ・キッド [DVD]

*1:「オルドリッチ」の方が原音に近い

新着ブログ: ロバート・アルドリッチ