ロベルト・アロマー

(スポーツ)
ろべるとあろまー

Roberto Alomar
80〜00年代のMLB選手。
ポジションは内野手。右投両打。
183センチ 84キロ。
1968年2月5日生まれ。プエルトリコ出身。
父はサンディ・アロマーSr.、兄はサンディ・アロマーJr.
1985年2月、17歳でサンディエゴ・パドレスとマイナー契約。1988年4月22日メジャーリーグデビュー戦のヒューストン・アストロズ戦でノーラン・ライアンからヒットを放った。
1990年、セカンドからショートへコンバート。同年オフ、ジョー・カーターとともにトニー・フェルナンデスフレッド・マグリフとのトレードでトロント・ブルージェイズに移籍。
1992年は開幕から好調に打ち続け、カナダ球団初となるワールドシリーズ制覇に貢献。1988、1989年には兄もチームメイトとしてプレーしたが、兄はマイナーが多かった。
1995年オフ、FAでボルティモア・オリオールズへ移籍。「鉄人」カル・リプケンJr.と二遊間を組んだ。
1996年9月27日のブルージェイズ戦で、初回にフルカウントから見送った球をストライクと判定され抗議し、アンパイアが退場を宣告。再び猛抗議し、アンパイア側からラテン系に対する人種差別発言を受け激怒、唾をかけてしまい、翌年の開幕5試合出場停止。
1998年、クリーブランド・インディアンスへFA移籍。1999年には兄も移籍して再び同じユニフォームに袖を通した。
2001年、セカンドとしてライン・サンドバーグの持っていた9回受賞の記録を塗り替える10度目のゴールドグラブ賞を獲得し、「史上最強の二塁手」と呼ばれた。
同年オフにはニューヨーク・メッツ、2003年シーズン途中でシカゴ・ホワイトソックスへ移籍。
同年オフ、アリゾナ・ダイアモンドバックスへ移籍。翌シーズン中ホワイトソックス復帰。
福岡ソフトバンクホークス入りも噂されたが、2005年3月現役引退。


* リスト::野球選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ