ロベルト・マンチーニ

(スポーツ)
ろべるとまんちーに

Roberto Mancini
イタリア代表歴のある元サッカー選手、サッカー指導者

プロフィール

フルネーム : Roberto Mancini
生年月日 : 1964年11月27日
出身地 : Jesi, Provincia di Ancona, Regione Marche (イェージアンコーナ県マルケ州
身長・体重 : 179cm・76kg
ポジション : ミッドフィルダー、フォワード (セカンドトップ)

選手歴

1977〜82 : ボローニャFC
1982〜97 : UCサンプドリア
1997〜00 : SSラツィオ
2001 : レスター・シティFC (イングランド)  ※2001年1月〜2月

監督歴

2001〜02 : ACフィオレンティーナ
2002〜04 : SSラツィオ
2004〜08 : FCインテルナツィオナーレ・ミラノ
2009〜13 : マンチェスター・シティFC (イングランド)

経歴・プレースタイルなど

イタリアU-21代表歴あり。イタリア代表デビューは1984年5月26日の親善試合カナダ戦。1988年ヨーロッパ選手権(4試合出場・1得点)と1990年FIFAワールドカップ(出場機会なし)のメンバーで、代表試合は36試合出場・4得点。
ボローニャFCの下部組織出身。類まれなテクニックを持ち、創造性が光るパスでチャンスを演出するファンタジスタ。シュートも上手く、セリエAで7度の2桁得点をマークしたこともあるように得点力は高い。
現役時代のほとんどをサンプドリアで過ごし、キャプテンとしてコッパ・イタリア優勝4回、スクデット獲得1回、スーペルコッパ・イタリアーナ優勝1回、UEFAカップウィナーズカップ優勝などの輝かしい成果をクラブにもたらした。


2001年に現役引退をした後は指導者に転身した。ACフィオレンティーナSSラツィオでそれぞれコッパ・イタリアで優勝。2004年からは自身初のビッグクラブとなるFCインテル・ミラノの監督を務め、セリエA優勝3回、コッパ・イタリア優勝2回、スーペルコッパ・イタリアーナ優勝2回の好成績を残した。一方で、現役時代の華麗なプレーとは裏腹に、ロングボールを放り込む守備重視の戦術を執り、批判されることもあった。
2009年12月、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティFCに就任。2010-11シーズンはFAカップで優勝、プレミアリーグで3位に躍進させた。2011-12シーズンでは、最終節のクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦でロスタイムに劇的な逆転勝利をおさめ、ライバルのマンチェスター・ユナイテッドFCと同じ勝ち点(89点)て並ぶも得失点差で上まわり、マンチェスター・シティFCに44年ぶり3度目、プレミアリーグ移行後は初となるリーグ優勝をもたらした。


リスト::サッカー選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ