ロードサイドビジネス

ロードサイドビジネス

(地理)
ろーどさいどびじねす

幹線道路沿いの立地に特化した小売店舗業を指す。
鉄道整備より車社会の慣習が、強い地方都市によく見られる商売。
都市近郊の立地に比べ、地価負担が少ないため初期投資を抑える事ができる。
イオン・ジャスコや、初期のユニクロの店舗展開として成功例がある。

不動産用語における「郊外路線商業地域」における商売。
成功させるための立地要因に、繁華性(交通量の多寡)、駐車施設の状況などが挙げられる。

具体例

ガソリンスタンド、コンビニ、パチンコ店、量販店、ファミリーレストラン、アウトレットモール、シネマコンプレックス、中古車販売、自動車修理工場

関連キーワード

ロードサイド

新着ブログ: ロードサイドビジネス