ローボールヒッター

ローボールヒッター

(スポーツ)
ろーぼーるひったー

一般に野球のピッチャーはストライクゾーンの低目に投げるのが定石とされている。
統計的にも討ち取る確率が高いからだ。


しかしながら、人間いろいろであるように野球の打者もいろいろである。
逆に低めの方が打率が高かったり長打を打つことが出来るバッターも世の中には存在する。
それがローボールヒッター。


仮に高目より低目が苦手でも、
いわゆる普通のバッターに比べその落ち幅が小さい打者を広義として呼ぶ場合もある。

新着ブログ: ローボールヒッター