ワルサーPPK

ワルサーPPK

(一般)
わるさーぴーぴーけー

ドイツワルサー社の拳銃の1つ

諸元

全長148mm
重量570g
口径7.65mmx17
総弾数8発
製造国ドイツ


1920年代にワルサー社が警察用拳銃としてワルサーPP(Polizei Pistole)を開発.
これは欧州各国の軍でも士官用の携帯用拳銃として人気が出たためさらにこれを小型化したのがワルサーPPK(Polizei Pistole Kurzschlus).
PP,PPKは多数生産され欧州各国の軍や警察で使用された.

映画『007』シリーズでジェームズ・ボンドが使用したことで有名*1
アメリカに輸出の際にはPPフレームにPPKのシステムを組み込んでPPK/Sの名前で販売した*2


*1:第2作目よりベレッタM1919からワルサーPPKに持ち替えた.最近はPPKからP99に乗り換えたようである

*2:PPKをアメリカに輸出する際、アメリカでは小型すぎる拳銃だと法律に触れてしまうため

新着ブログ: ワルサーPPK