ワーキングセット

ワーキングセット

(コンピュータ)
わーきんぐせっと

プログラムが使う全論理メモリのうち、ちょうど実行中のプログラム部分およびそこからアクセスされるデータ部分の論理ページの集まり。

プログラムにその時割り当てられている物理メモリより小さければプログラム実行に問題は無いが、大きいと物理メモリからはみ出た分だけページングが頻繁に行われることになり実行速度やCPU使用率に悪い影響を与える。この場合、全体物理メモリに余裕があればそのプログラムに追加で物理メモリが割り当てられ、ワーキングセット全体が物理メモリ上に乗ることになる。しかし、全体物理メモリに余裕が無い場合は、動作中のプログラム同士が物理メモリを奪い合いページングが多発する。この状態をスラッシングと呼ぶ。