ワーキング・ガール

(映画)
わーきんぐがーる

Working Girl

  • 1988年|アメリカ|カラー|113分|画面比:1.85:1

解説

大企業で秘書の仕事をしているOLが、恋と仕事の両方を手に入れるサクセスを描くコメディ。
主役のメラニー・ギリフィスがビリングで3番目なのは、当時の知名度によるもの。敵役シガーニー・ウィーヴァーも貫禄充分で映画を盛り上げる(撮影現場では、実際にメラニー・グリフィスをイビっていたという)。主人公の親友役ジョーン・キューザックも、美人の素顔を隠したメイクで笑わせる。脇役のハリソン・フォードはビリング1番目でも冴えないのは、活き活きとした女性たちに圧倒的に負けているから。
アカデミー賞の歌曲賞を受賞し、作品賞、監督賞、主演女優賞(メラニー・ギリフィス)、助演女優賞(シガーニー・ウィーヴァー、ジョーン・キューザック)にノミネートされた。


ワーキング・ガール [DVD]

ワーキング・ガール [DVD]

関連語

:映画
映画作品タイトル 洋画

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ