ヴィットリーニ

ヴィットリーニ

(読書)
ぶぃっとりーに

エリオ・ヴィットリーニ Elio Vittorini (1908-1966)

■イタリアの作家/批評家。

■年譜
1908年、シチリアのシラクーザ生まれ。
ヴェネチア地方で労働者として生活するかたわら文学修行に専念する。
1930年、フィレンツェに移住。
1931年、「15分の遅刻」「私の戦い」等、八つの短編からなる「小市民Piccola borghesia」を発表。一躍当時のイタリア青年作家の指導者となった。
1933年、ロレンス翻訳開始。〜1941年まで、ポー、サローヤン、フォークナー、スタインベック翻訳。
1936年、スペイン戦争。文学上の反ファシズム運動開始。
1939年、ミラノに移住し、共産党地下組織に加わる。
1942年、翻訳「アメリカーナ」
1943年、逮捕され投獄。釈放後、ミラノで、ファシスト政権のもと、レジスタンス地下抗戦運動の組織に参加するとともに、象徴的表現をこらしてファシズムの非人間性に挑戦する作品を発表。
1945-47、「Politecnicoポリテクニコ」創刊。共産党と対立。
1949年、共産党離党。
1950年、「ガリバルディーナ」執筆開始。
1959年カルヴィーノとともに「メナボ」(1959-1967)発行。
1966年、2月12日死去。
■作品
「Piccola borghesiaプチブル」1931
「Il garofano rosso赤いカーネーション」1933
「Il Viaggio in Sardegnaサルデーニャでの旅」1936
「Conversazzione in Siciliaシチリアでの会話」1941
「Uomi e no人間と人間にあらざるものと」1945
「Sepione strizza l'occhio al Frejusセンピオーネのまばたき」1949
「Le donne di Messinaメッシーナの女たち」1949

「シチリアでの会話」の一部に基づく映画に「シチリア!」(1999)がある。

シチリアでの会話 (岩波文庫)

シチリアでの会話 (岩波文庫)

シチリア コレクターズ エディション [DVD]

シチリア コレクターズ エディション [DVD]

新着ブログ: ヴィットリーニ