ヴェリズモ

ヴェリズモ

(読書)
う゛ぇりずも

[伊]verismo 現実主義。

歴史

1880〜1910年頃のイタリア文学の潮流のひとつでジョヴァンニ・ヴェルガの短篇集『田舎の生活』(1880)に端を発し、イタリア文壇の主流となる。
演劇やイタリア・オペラ(ヴェリズモ・オペラ)に多大の影響を与えた。
1890年以降は、ダンヌンツィオに代表される象徴主義、表現主義に文学潮流は移行し、ヴェリズモのブームは短命に終わった。

代表作

  • ジョヴァンニ・ヴェルガの短編小説『カヴァレリア・ルスティカーナ』
  • グラツィア・デレッダ『エリアス・ポルトル』(1903)『マリアンナ・シルカ』(1915)

新着ブログ: ヴェリズモ