ヴェーダ

(アニメ)
べーだ

アニメ作品『機動戦士ガンダム00』内の用語。


CBの計画の根幹をなす演算処理システム。CBはこのシステムが推奨するプラン通りにミッションを遂行している。ヴェーダ内に情報の重要性に基づいたレベルが設けられ、最高レベル7まで存在し、ガンダムマイスターのデータもレベル7の情報とされている。厳しいアクセス制限が設けられており、実行部隊の実質的リーダーであるスメラギはレベル4、監視者であるアレハンドロはレベル3までしかアクセスできない。レベル7にアクセスするにはヴェーダの許可が必要とされる。また、ガンダムナドレのトライアルシステムの制御機能もこの中に存在する。しかし、ヴェーダに存在しないトリニティやガンダムスローネの存在、GNドライヴの設計データの漏洩、トライアルシステムの機能停止など中盤以降データの改竄やハッキングが確認され、最終的にはアレハンドロとリボンズによってヴェーダはレベル7まで掌握されてしまった。

ヴェーダ

(読書)
べえだ

まづ、「ヴェーダ」とは「文献」のことである。
「口承」→「記録文学」の過程で生まれてきた、
「後世に遺すべき有意義な叡智」が「veda」である。
後の異教に「福音」という形で模倣される「シュルティ」の内、
厳選されまくった選りスグリが「リグ」・「サーマ」・「ヤジュル」・「アタルヴァ」であった。
一番古いものは「リグ・ヴェーダ」で、BC1200〜のものまで内包されている。
現代人が素で読んでも退屈なだけであろう(反復が多くて)。
しかし、インド音楽の鑑賞の仕方は、「メロディで」ではありませんよね?
その「場」の中に身を潜める、現代でいえば「小野誠彦=セイゲン・オノ」や、
「ペヨーテ・ヒーリング」のようなものの渦中で、
突然の変異である「1/f 揺らぎ」を感知する面白みなのであり、
パターンとその変化;反復と差異を興がる行為で接すれば、
きっと別のものが見えてくる筈です。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ