一心太助

一心太助

(読書)
いっしんたすけ

小説・戯曲・講談中の人物。江戸っ子の典型的人物(実は三河の武士の出)。魚屋を営み、義理人情にあつく、大久保彦左衛門の家来株として活躍する。歌舞伎では、河竹黙阿弥作「芽出柳翠緑松前(めだしやなぎみどりのまつまえ)」に登場。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

新着ブログ: 一心太助