一時避難所

(地理)
いちじひなんじょ

一時避難所

避難所の一つ。
一時的に避難できる広場、公園、空地など。災害の状況を見る場合にも利用する。主に近隣の地域が割り当てられる。こちらはある基準を元に町内会や自主防災組織が指定する。地域避難場所。


長期にわたる避難には向いていないが、地震や津波などの突発的な災害から自らの身を守るため適している。指定されている場所はほとんどが非常に身近な位置にあるはずで、先述のように町内会などが指定した公園や空き地などがそれにあたる。沿岸の地域では地震による津波を想定して丘の上などのある程度高い位置にも設置される。


災害による被害を未然に防ぐため、日頃から避難する場所と安全な道順(避難路)の確認が望ましい。

関連キーワード

  • 避難所
    • 広域避難場所
    • 収容避難所

読み方について

「一次」との区別のためか、「一時」をあえて仮名書きする等して「いっとき」と読ませる例も多い。参考:google:いっとき避難

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ