丁奉

(社会)
ていほう

中国・三国時代の呉の武将。字は承淵。
孫権から始まる呉の皇帝四代に仕えた宿老。(生年不詳〜271年没)
重要な遠征にはだいたい従軍し、孫綝粛清にも関与した歴戦の将軍。
民間伝承によると鉄礫の名手として知られ、船の帆柱にある滑車に直撃させて壊したことがあるという。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ