七月革命

七月革命

(社会)
しちがつかくめい

Révolution de Juillet(仏)

1830年7月にフランスで起きた革命。
ブルボン朝最後の国王シャルル10世が王座を逐われ、かわってオルレアン家からルイ・フィリップが即位した。
シャルル10世は復古王政における反動の首魁でもあり、保守反動を旨とするウィーン体制の要石の一つでもあった。その政権崩壊は欧州各地での自由主義運動を刺激することになった。

新着ブログ: 七月革命