七釜温泉

七釜温泉

(一般)
しちかまおんせん

兵庫県北西部の岸田川畔に1955年に発見された天然湧出の温泉で、現在の浜坂温泉郷において最初の開湯となる。本格的なボーリングは1961年より行われた。1971年 - 国の省エネルギーモデル事業の第1号に指定 1991年4月16日 - 環境庁告示第22号により、国民保養温泉地に指定いずれの温泉も、山陰本線浜坂駅が最寄り駅である。また、源泉の集中管理が行われている。

泉質:石膏泉、硫酸塩泉(ナトリウム・カルシウム)

♨七釜温泉 (浜坂温泉郷)

所在地〒669-6741 兵庫県美方郡新温泉町七釜交通

アクセス

  • 空路 - 但馬空港
  • 鉄道 - JR西日本山陰本線:浜坂駅から全但バス湯村温泉行で、バス停「栃谷七釜温泉」または「七釜温泉口」下車
  • バス - 大阪・神戸から全但バス夢千代号で「湯村温泉」下車、浜坂行バスに乗り換えて「栃谷七釜温泉」または「七釜温泉口」下車

新着ブログ: 七釜温泉