三原魔術

三原魔術

(スポーツ)
みはらまじゅつ

プロ野球監督、三原脩の采配戦術の総称。
別称として「三原マジック」「三原ロジック」とも呼ばれる。

野武士野球の象徴として、それまでの2番・3番打者に打線の中心を置くことや、

先発・控え選手を選ばず持てる選手の全てを采配に用いる特徴がある。


西鉄ライオンズの「流線型打線(水爆打線)」を作り上げ、黄金時代を築く。
また、大洋ホエールズを優勝・日本一に導き、「メガトン打線」の基礎を作り上げた。
さらには、近鉄バファローズの基礎を作り上げ、後年の黄金時代を築いた。


各球団での実績により、三原脩を名将と呼ばせるに至った。


後に監督を務める中西太や稲尾和久、近藤貞雄、大沢啓二、近藤昭仁に影響を与えた。


その攻撃的な采配は愛弟子である仰木彬に受け継がれ、薫陶を受けた采配は「仰木マジック」と呼ばれた。

新着ブログ: 三原魔術