三浦義明

(社会)
みうらよしあき

日本の平安時代末期の相模国三浦郡衣笠城の武将。三浦荘の在庁官人。
平良文を祖とする三浦氏の一族の武将で娘の1人は源義朝の側室だったと伝えられている。衣笠城合戦で源氏側として出陣し戦死した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ