三菱重工業長崎造船所

三菱重工業長崎造船所

(一般)
みつびしじゅうこうぎょうながさきぞうせんしょ

長崎県長崎市に主な事業所がある三菱重工業の船舶・海洋事業本部の造船所。
また、原動機事業本部、機械・鉄構事業本部、航空宇宙事業本部などの事業もおこなわれている。
本工場:長崎市飽の浦町
香焼工場:長崎市香焼町
幸町工場:長崎市幸町
諫早工場:諫早市津久葉町

略歴

1857年(安政4年)、徳川幕府はオランダ人のH・ハルデスらを招き艦船修理工場「長崎鎔鉄所」を創設。
1860年(万延元年)、「長崎製鉄所」と改称。
1861年(文久元年)3月、工場が落成
1868年(明治元年)、明治政府に管理が移る。
1879年(明治12年)、第一ドック完成
1884年(明治17年)、明治政府から「郵便汽船三菱会社」が工場施設を借用し事業を継承。
1887年(明治20年)、明治政府は三菱社に、借用の施設一切を払い下げた。
変遷を経て
1964年(昭和39年)、三菱日本重工業新三菱重工業三菱造船の三社合併に伴い「三菱重工業長崎造船所」と改称。

新着ブログ: 三菱重工業長崎造船所