三角西港

三角西港

(地理)
みすみにしこう

熊本県宇土郡三角町。明治三大築港のひとつ*1であり、明治政府の国内統一、殖産振興の政策に基づいて建設された地方港湾。オランダ人水理工師ムルドルの設計によって、明治17年(1884年)から明治20年(1887年)にかけてつくられた。百年の歳月がたった今も当時の都市計画・石積埠頭がほぼ無傷のままのこっている。

*1:他の二つは野蒜港(宮城県)と三国港(福井県)。