三頭政治

三頭政治

(一般)
さんとうせいじ

Triumviratus

三人の有力者によって行われる政治。世界史的には古代ローマで2回にわたって行われた物を指す。

第一回三頭政治

紀元前60年〜紀元前53年まで。
カエサルとポンペイウスとクラッススによって行われた。
野心満々のカエサルが任地のガリアを平定して巨大な力を蓄える一方、クラッススがパルチア(パルティア)と戦って敗死したことで崩壊。
ポンペイウスとカエサルの戦いへと突入する。

第二回三頭政治

紀元前43年〜紀元前36年まで。
紀元前44年のカエサル暗殺後、ローマの主導権を握ったオクタビアヌスとアントニウスとレピドゥスによって行われた。
当面の敵である元老院およびポンペイウス与党と戦うための同盟という色彩が強く、このためセクストゥス・ポンペイウス*1が打倒されると均衡は崩壊。
最終的にはオクタヴィアヌスが内乱を終熄させ、皇帝となる。

*1:ポンペイウスの子

新着ブログ: 三頭政治