与那国町

与那国町

(地理)
よなぐにちょう

沖縄県八重山郡与那国町沖縄県八重山郡にある、日本最西端の地方公共団体。
町域すべてが与那国島からなり、過疎地域自立促進特別措置法第2条1項に基づく過疎地域に指定されている。
面積は28.95km²、人口は1,694人*1
日本最西端の地にあり、石垣島と台湾島とのほぼ中間点にあるが、どちらかというと台湾のほうが近い。
島の西端の西崎には「日本最西端の地」の碑がある。

沿革

1908年、島嶼町村制により間切制が廃止、石垣間切・大浜間切・宮良間切の3間切が与那国島と併せて八重山村として成立。
1914年、八重山一円を領域としていた八重山村が分村し、与那国村が成立する。
1948年、町制を施行し、与那国町となる。

*1:2016年11月30日現在

ネットの話題: 与那国町

人気

新着

新着ブログ: 与那国町