中嶋常幸

(スポーツ)
なかじまつねゆき

10歳からゴルフを始める。樹徳高等学校を中退し、1975年12月にプロ入り。1976年に「ゴルフダイジェスト」大会で日本ツアー初優勝を飾る。
1985年のシーズンは年間6勝を挙げ、最も好調だった。日本オープン選手権初優勝や、日本人選手初のダンロップ・フェニックス選手権優勝などがある。当時は「最も美しいスイングの持ち主」と、米国のプロゴルファーからの評価も高かったが、その後、スイング改造などで悩み、低迷した時期もあった。
世界4大メジャー大会の成績は、1984年のマスターズ8位、1988年の全米プロゴルフ選手権3位などがある。セント・アンドリュース(R&Aゴルフクラブの「オールド・コース」)で行われた全英オープンで、中嶋が最終日に17番ホール(パー4)の第2打を有名な「ロード・バンカー」(Road Bunker)に入れてしまい、9打を要して優勝のチャンスを逃したのは1978年のことである。そのため、このバンカーは中嶋の愛称“トミー”をとって「トミーズ・バンカー」とも呼ばれるようになった。同オープンでは1986年にも8位がある。最初期の世界ゴルフランキングで4位にランクされたこともあった。
2005年11月6日、日本シニアオープンでシニアツアー初優勝を飾り、これですでにタイトルを獲得している日本アマ・日本オープンとともにJGAオープン選手権競技3冠を達成した。更に2006年10月1日「日本プロゴルフシニア選手権大会・コマツカップ」を制覇し、プロ・アマ・シニアを含めた「日本」が冠タイトルにつく公式戦を全部優勝する7冠を達成した。
そして、2006年11月には三井住友VISA太平洋マスターズで日本ゴルフツアーとしては4年ぶりの勝利を果たした。

以上、Wikipedia より

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ