中嶋悟

中嶋悟

(スポーツ)
なかじまさとる

id:nakajimablog
元F1ドライバー、現ナカジマレーシング監督。愛知県岡崎市出身。1953年2月23日生まれ。
日本人初のフルタイムF1ドライバー。国内トップカテゴリーであった全日本F2選手権で1981年、1982年、1984年〜1986年のタイトルを獲得し、1987年にロータスからF1デビュー。その後、1990年にティレルへ移籍し、その翌年に現役を引退した。F1には74回出走し、最高位は4位(2回)。参戦した全てのシーズン(1987年-1991年)でポイントを獲得している。引退後は鈴鹿サーキット・レーシングスクール(SRS)の校長に就任し、佐藤琢磨、松浦孝亮、金石年弘などを指導。1997年にはティレルのスポーティグ・ディレクターも務めた。
現在は、フォーミュラニッポンなどでチームを率い、後進の育成を行っている。

F1での戦績

  • 1987年(ロータス99T・ホンダ、獲得ポイント:7)
    • ホンダのバックアップを受けて、ロータスからF1デビュー。チームメイトはアイルトン・セナ。デビュー2戦目のサン・マリノGPで6位入賞を果たすなど、計7ポイントを獲得。イギリスGPでは4位に入り、ホンダエンジン1-2-3-4フィニッシュ達成の立役者となった。
  • 1988年(ロータス100T・ホンダ、獲得ポイント:1)
    • この年のチームメイトは、前年度チャンピオンのネルソン・ピケ。シャシーの戦闘力不足が響き、入賞は開幕戦ブラジルGPでの6位1回のみとなった。しかし、しばしば僚友ピケの前を走るなど好走みせ、予選においても6位を2度(メキシコGP、日本GP)獲得している。
  • 1989年(ロータス101・ジャッド、獲得ポイント:3、ファステストラップ:1)
    • エンジンがホンダから非力なジャッドに変わり、シーズンを通して苦戦を強いられることとなった。しかし、大雨の中で行われたオーストラリアGP(アデレード)では日本人初のファステストラップ(1分38秒480)を記録して4位入賞。「雨のナカジマ」を強烈にアピールした。日本人として2009年終了時点でファステストラップを記録している唯一のF1ドライバーとなっている。
  • 1990年(ティレル019・フォード、獲得ポイント:3)
    • 中堅チームのティレルに移籍し、チームメイトは新鋭ジャン・アレジとなった。この年、エンジンは非力なフォードDFRではあったもののシャシーの潜在能力は高く、日本GPでの6位入賞を含む3度の入賞を果たし、合計3ポイントを獲得した。
  • 1991年(ティレル020・ホンダ、獲得ポイント:2)
    • ホンダV10エンジンを獲得し、好成績が期待されたものの、マシンバランスの悪さとピレリ・タイヤのパフォーマンス不足が災いし、入賞はアメリカGPの5位1回のみとなる。この年のドイツGPで引退を表明。鈴鹿での日本GPでは多くのファンが押しかけ、日本でのF1ブームも最高潮に達した。


リスト::F1
リスト::カーレーサー
リスト::レーシングドライバー

ネットの話題: 中嶋悟

人気

新着

新着ブログ: 中嶋悟