中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ

(スポーツ)
ちゅうにちどらごんず

プロ野球チーム。一軍はセ・リーグに所属。
親会社は中日新聞社。
リーグ優勝9回(1954,1974,1982,1988,1999,2004,2006,2010,2011)。
日本一2回(1954,2007)。アジアチャンピオン1回(2007)。

概要

法人名
株式会社中日ドラゴンズ
フランチャイズ
名古屋市
ホームスタジアム
ナゴヤドーム(1996年までは中日球場→ナゴヤ球場(名称変更))
チームカラー
群青と赤紫
チームマスコット
シャオロンパオロンドアラ
球団歌
燃えよドラゴンズ!

沿革

  • 1946年リーグ戦再開に伴い、チーム名を中部日本(愛称「中部」)とする。
  • 1947年、当時のオーナーだった中部日本新聞社社長・杉山虎之助の干支である辰の英訳「ドラゴン」から「ドラゴンズ」を愛称とする。
  • 1948年、中日ドラゴンズに改称。
  • 1951年、名古屋新聞・名鉄などの地元企業と共同出資による名古屋ドラゴンズに改称。
  • 1953年、名古屋企業の撤退により、中日ドラゴンズに戻す。
  • 1954年、球団史上初のリーグ優勝。西鉄ライオンズを破り、日本一を果たす。
  • 1958年、西沢道夫、服部受弘が現役引退。背番号15番、10番が永久欠番となる。杉下茂が選手兼任監督に就任。
  • 1974年、20年ぶり2度目ののリーグ優勝を果たす。
  • 1977年、「中日球場」が「ナゴヤ球場」に名称変更。与那嶺要が勇退。
  • 1978年、中利夫が監督に就任。
  • 1981年、近藤貞雄が監督に就任。
  • 1982年、「野武士軍団」「強竜打線」で3度目のリーグ優勝を果たす。
  • 1984年、史上最高の「強竜打線」で臨むも、2位となる。
  • 1986年、山内一弘が休養し、高木守道が代理監督を務める。
  • 1987年、星野仙一が監督に就任。
  • 1988年、4度目のリーグ優勝を果たす。
  • 1992年、高木守道が2度目の監督に就任。
  • 1994年、世紀の10.8決戦で敗れ、リーグ優勝を逃す。
  • 1996年、星野仙一が2度目の監督に就任。
  • 1997年、ナゴヤドームに本拠地移転。守りの野球に転換。
  • 1999年、5度目のリーグ優勝に輝く。
  • 2002年、山田久志が監督に就任。
  • 2004年、落合博満が監督に就任。6度目のリーグ優勝を達成。
  • 2006年、安定したチーム力を見せ、7度目のリーグ優勝を達成。
  • 2007年、レギュラーシーズン2位も、クライマックスシリーズで優勝。
  • 同年、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズで4勝1敗、53年ぶり2度目の日本一に輝く。
  • 同年、アジアシリーズも制し、アジアチャンピオンに輝く。
  • 2010年、8度目のリーグ優勝を記録。クライマックスシリーズと合わせて初の完全優勝。
  • 2011年、球団として初の連覇で9度目のリーグ優勝。
  • 同年、落合博満が監督を勇退。
  • 2012年、高木守道が3度目の監督に就任。
  • 2014年、谷繁元信が監督に就任。落合がGMに就任するなど大幅な人事異動を行う。

現在の所属選手

投手
小笠原慎之介(11) 田島慎二(12) 岩瀬仁紀(13) 谷元圭介(14) 又吉克樹(16) 柳裕也(17) 鈴木翔太(18) 吉見一起(19) 岡田俊哉(21) 大野雄大(22) 福谷浩司(24) 佐藤優(25) 丸山泰資(28) 山井大介(29) 阿知羅拓馬(30) 祖父江大輔(33) 福敬登(34) 石川翔(40) 浅尾拓也(41) 三ツ間卓也(43) 鈴木博志(46) 笠原祥太郎(47) 清水達也(50) 藤嶋健人(54) 小川龍也(57) 山本拓実(59) ディロン・ジー(60) 若松駿太(61) 小熊凌祐(64) 伊藤準規(65) オネルキ・ガルシア(70) ライデル・マルティネス(97) 木下雄介(98) 松坂大輔(99)  
捕手
大野奨太(27) 木下拓哉(35) 松井雅人(38) 武山真吾(39) 杉山翔大(45) 加藤匠馬(52) 桂依央利(68) 
内野手
高松渡(0) 荒木雅博(2) 高橋周平(3) 阿部寿樹(5) 石川駿(9) 遠藤一星(23) 石垣雅海(32) 石岡諒太(36) 三ツ俣大樹(37) 溝脇隼人(48) 京田陽太(51) 亀澤恭平(53) 福田永将(55) 谷哲也(58) 堂上直倫(63) ダヤン・ビシエド(66) 
外野手
友永翔太(1) 藤井淳志(4) 平田良介(6) 大島洋平(8) 井領雅貴(26) 野本圭(31) ソイロ・アルモンテ(42) スティーブン・モヤ(44) 伊藤康祐(49) 松井佑介(56) 工藤隆人(62) 近藤弘基(67) 
育成選手
渡辺勝 濱田達郎 浜田智博 山本雅士 福敬登 

歴代監督

第一次(1948年〜1950年)

第二次(1954年以降)

  • 天知俊一(1954)
  • 野口明(1955-1956)
  • 天知俊一(1957-1958)
  • 杉下茂(1959-1960)
  • 濃人渉濃人貴実)(1960-1962)
  • 杉浦清(1963-1964)
  • 西沢道夫(1964-1967)
  • 杉下茂(1968)
  • 水原茂(1969-1972)*1
  • 与那嶺要(1973-1977)
  • 中利夫(1978-1980)
  • 近藤貞雄(1981-1983)
  • 山内一弘(1984-1986)
  • 高木守道(1986)
  • 星野仙一(1987-1991)
  • 高木守道(1992-1995)
  • 星野仙一(1996-2001)
  • 山田久志(2002-2003)
  • 落合博満(2004-2011)
  • 高木守道(2012-2013)
  • 谷繁元信(2014-2016)*2
  • 森繁和(2016-)*3

永久欠番

過去の主な在籍選手

投手
服部受弘 杉下茂 近藤貞雄 権藤博 板東英二 河村保彦 井手峻 星野仙一 稲葉光雄 松本幸行 三沢淳 水谷則博 鈴木孝政 藤沢公也 都裕次郎 小松辰雄 牛島和彦 郭源治 鹿島忠 米村明 山本昌 近藤真一 西本聖 小野和幸 今中慎二 与田剛 落合英二 遠藤政隆 中山裕章 野口茂樹 前田幸長 宣銅烈 正津英志 武田一浩 李尚勲 川上憲伸 小笠原孝 朝倉健太 岡本真也 中里篤史 久本祐一 高橋聡文 平井正史 ドミンゴ・グスマン 小林正人 佐藤充 陳偉殷 石井裕也 中田賢一 鈴木義広 川井進 佐藤亮太 ラファエル・クルス 清水昭信 山内壮馬 マキシモ・ネルソン 岩田慎司 ネルソン・パヤノ 三瀬幸司 河原純一 木下達生 エンジェルベルト・ソト ホルヘ・ソーサ 辻孟彦 ダニエル・カブレラ 八木智哉 大場翔太
捕手
高木時夫 木俣達彦 中尾孝義 中村武志 前田章宏 谷繁元信 小田幸平 田中大輔 清水将海 小山桂司
内野手
西沢道夫 井上登 高木守道 ジョン・ミラー 島谷金二 江藤省三 谷沢健一 広瀬宰 大島康徳 正岡真二 バート・シャーリー 宇野勝 田野倉利男 上川誠二 ケン・モッカ 仁村徹 前原博之 落合博満 山崎武司 立浪和義 大豊泰昭 種田仁 渡邉博幸 レオ・ゴメス 森野将彦 高橋光信 井端弘和 オマール・リナレス 森岡良介 川相昌弘 タイロン・ウッズ 奈良原浩 新井良太 中村紀洋 岩崎達郎 トマス・デラロサ トニ・ブランコ 中田亮二 フェリックス・カラスコ 佐伯貴弘 マット・クラーク エクトル・ルナ アンダーソン・エルナンデス 小笠原道大
外野手
本多逸郎 中利夫 江藤慎一 ラリー・ドビー ジム・マーシャル 井上弘昭 ジーン・マーチン 谷木恭平 藤波行雄 田尾安志 平野謙 川又米利 彦野利勝 音重鎮 ゲーリー・レーシッチ 井上一樹 アロンゾ・パウエル マット・ステアーズ 李鍾範 関川浩一 大西崇之 福留孝介 英智 アレックス・オチョア 中川裕貴 堂上剛裕 上田佳範 李炳圭 和田一浩 赤坂和幸 小池正晃 ジョエル・グスマン アレクシス・ゴメス リカルド・ナニータ 多村仁

関連キーワード

*1:1972年7月より本多逸郎が代理監督を務める。

*2:2014,2015年シーズンは選手兼任監督、2016年8月8日まで

*3:2016年8月9日〜シーズン終了まで監督代行

ネットの話題: 中日ドラゴンズ

人気

新着

新着ブログ: 中日ドラゴンズ