中村紀洋

(スポーツ)
なかむらのりひろ

中村紀洋は、日本のプロ野球選手(内野手)。
1973年7月24日生まれ、大阪府大阪市淀川区出身、右投右打。
大阪府立渋谷高等学校卒業。

略歴

1990年に全国高等学校野球選手権大会に出場。
1991年のドラフト4位で近鉄バファローズから投手として指名を受け、入団。
1994年に101試合に出場し8本塁打を記録。結果がなかなか出ないながらも、当時の鈴木啓示監督が辛抱強く起用し続けた。9月18日の日本ハム戦でサイクルヒットを達成。
1995年に規定打席初到達し20本塁打を放つ。以降2002年まで8年連続で規定打席に到達、1997年を除いて毎年20本塁打以上を記録する。
2000年にシドニーオリンピック、2004年にアテネオリンピックの日本代表に選ばれた。アテネではホームランを放ち銅メダル獲得。
2002年オフにFA宣言し、読売ジャイアンツ・阪神タイガース・ニューヨーク・メッツからのオファーを受けるが、梨田昌孝監督の説得により結局バファローズに残留。この時つり上げた中村の年俸が、大阪近鉄バファローズの解散のきっかけとなった。
2005年オフにポスティングシステムによりロサンゼルス・ドジャースへ移籍。だが思うような結果を残せず1年でアメリカを去り、オリックス・バファローズへ復帰した。
2006年は怪我に苦しみ打率.232、本塁打12本という不本意な成績に終わる。オフに球団は怪我を公傷と認めず1億円以上の大幅減俸を提示。中村側はこれを不服とし球団ともめにもめた結果、1月12日にオリックス・バファローズを退団する事が決定した。
2007年2月12日に沖縄で中日の入団テストを受けることが決定した。日時は2月15日。そして同月25日、育成選手としての入団が決定した。2007シーズン開幕直前の3月23日に支配下選手契約を結ぶ。
2011年5月23日に横浜ベイスターズに移籍すると発表があった。
2013年5月1日、対東京ヤクルトスワローズ6回戦(横浜スタジアム)で日米通算2,000本安打を本塁打で達成。
2013年5月5日、対中日ドラゴンズ9回戦(ナゴヤドーム)で日本プロ野球通算2,000本安打を達成。
妻は日立ベルフィーユの選手で、村上隆行の実妹でもある村上浩子。

経歴

年度 所属 背番号 備考
1989-1991 渋谷高校 - 甲子園出場あり。投手兼任。
1992-2004 近鉄バファローズ
(99年より大阪近鉄バファローズ)
66→3→5*1 1991年ドラフト4位
2005 ロサンゼルス・ドジャース 66 ポスティング
2006 オリックス・バファローズ 8
2007-2008 中日ドラゴンズ 205→99 育成選手契約を経ての支配下選手へ移行
2009-2010 東北楽天ゴールデンイーグルス 99 FA宣言
2011- 横浜ベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ
99

個人タイトル

  • 本塁打王(2000)
  • 打点王(2000、2001)
  • 最高出塁率(2001)
  • ベストナイン(1996、1999-2002)
  • ゴールデングラブ賞(1999-2002、2004、2007、2008)

*1:5は義兄・村上嵩幸が付けていた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ