九十九十九

(読書)
つくもじゅうく

舞城王太郎著

「苦しさを感じるなら、僕なんて愛さなくていいんだ」
超絶のメタ探偵・九十九十九の魂の旅。

聖書/『創世記ジェネシス』/『ヨハネの黙示録アポカリプス』の見立て連続殺人を主旋律に、神/「清涼院流水せいりょういんりゅうすい」の喇叭ラッパが吹き荒れる舞台ダンスフロアで踊りつづける超絶のメタ探偵・九十九十九つくもじゅうくの魂の旅が圧倒的文圧で語られる
“世紀の傑作”はついに王太郎の手によって書かれてしまった!「ハァレルゥヤ!」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ