九鬼嘉隆

(社会)
くきよしたか

日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。大名。
九鬼水軍を率いた水軍武将で、江戸時代には軍記物などで海賊大名の異称をとった。織田信長や豊臣秀吉に仕え、関ヶ原の戦いでは西軍に参加して敗れて自害した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ