二十世紀梨

()
にじっせいきなし

■1888年(明治21年)に、千葉県松戸市に住む少年が裏庭のゴミ捨て場に生えていた小さな梨の木を偶然発見しました。
■この梨は、豊円で形が良く、薄緑色で美しく、食べると口にかすが残らず、今までにない甘くて多汁な梨です。
■二十世紀梨は1898年(明治31年)に命名されました。
従来の梨と全く違い、皮が薄くて柔らかいこの梨は、二十世紀に王座を成す梨になるだろうと願いを込めて命名されました。
■二十世紀梨の国内収穫量の半分(49.7%)を鳥取県産が占めています。
■全国的には赤梨の幸水、豊水等が栽培の中心で、二十世紀梨は14%です。
■鳥取県内の大半の市町村で二十世紀梨が栽培されていますが、トップ5は以下のとおりです。
    市町村 
   1 東郷町
   2 東伯町
   3 佐治村
   4 倉吉市
   5 中山町

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ