于禁

(一般)
うきん

字は文則。三国志の英雄。
魏の五将軍*1の一人。曹操軍の配下として数々の武功を挙げた。
219年、援軍として龐徳とともに出陣し関羽と戦うが、激しい雨のために陣が水没し、あえなく降参。龐徳は曹操への忠義を貫き死を選ぶが、于禁は助命を願い出て荊州に護送されたため、それを聞いた曹操は「三十年も仕えてきた于禁が龐徳に及ばぬとは」と嘆いたという。
後に魏に戻ると、曹丕が曹操の跡を継ぎ禅譲を受け皇帝となっていた。曹丕は于禁に高陵(曹操の墓)を参拝させたが、ここに命乞いする于禁の絵をあらかじめ描かせていたため、于禁は面目なさと腹立ちのため病に倒れ、死去した。

*1:張遼、楽進、于禁、張郃、徐晃

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ