五井昌久

(一般)
ごいまさひさ

大正五年東京に生まれる。
生長の家講師をしていたが、昭和24年神我一体を経験し、覚者となったとされる。白光真宏会を主宰。「世界人類が平和でありますように」のフレーズで知られる祈りによる世界平和運動を提唱した。
神人合一合気道の植芝盛平氏の親友。

また出口王仁三郎、笹川良一、笹目秀和らと同じく、道院紅卍会の会員メンバーであった。紅卍会は大本教と提携していた中国の新宗教。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ