五木寛之

(読書)
いつきひろゆき

作家。1932年福岡県八女市の生まれ。朝鮮半島からの引き上げ者としての古傷と故郷の筑豊を舞台に、ユニークな青春小説を数多く執筆。
海外体験を下敷きにした作品群もあり、若い人たちの海外旅行ブームにも貢献した。

代表作には、こんなものがある。
「さらば、モスクワ愚連隊」(1966年、第6回小説現代新人賞受賞)
「蒼ざめた馬を見よ」(1966年、第56回直木賞受賞)
「青春の門 筑豊編」(1976年、吉川英治文学賞)
映画化されたものも多数。小説のほかエッセイや旅行記等の執筆も多い。
五木寛之による翻訳で、「かもめのジョナサン」(リチャード・バック著、新潮社、1974年、ISBN:4102159010)、「リトルターン」(ブルック・ニューマン著、集英社、2001年、ISBN:4087812561) がベストセラーに。

お勧めは、「朱鷺の墓」「燃える秋」「戒厳令の夜」「艶歌・海峡物語」「冬のひまわり」かな。

リスト::福岡出身

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ