井上修一

井上修一

(読書)
いのうえしゅういち

ドイツ文学者、筑波大学名誉教授。1940年12月15日- 井上靖の長男として京都府に生まれる。1968年東京大学文学部独文科大学院修士課程修了。一橋大学社会学部助教授、教授、筑波大学教授。2004年定年退官、名誉教授。1995−97年日本独文学会理事長。

翻訳

  • 『男の危機』カール・ベトナリック 福田宏年共訳 読売新聞社 1971
  • 『アインシュタイン・ボルン往復書簡集 1916-1955』西義之, 横谷文孝共訳 三修社 1976
  • ノヴァーリス「森のこみち・水晶」マイアー=フェルスター「アルト・ハイデルベルク」世界文学全集 22 (ノヴァーリス.シュティフター.シュトルム.マイアー=フェルスター)』学習研究社 1978
  • 『ウィーン精神 ハープスブルク帝国の思想と社会 1848-1938』W.M.ジョンストン 林部圭一, 岩切正介共訳 みすず書房 1986