享保の大飢饉

享保の大飢饉

(サイエンス)
きょうほうのだいききん

日本の享保17年(1732年)に発生した大飢饉。江戸四大飢饉の1つである。冷夏と虫害が原因で、西日本の瀬戸内海沿岸を中心に被害が発生した。

新着ブログ: 享保の大飢饉