京極夏彦

(読書)
きょうごくなつひこ
  • 作家。1963年3月北海道小樽市生まれ
  • 1994年9月「姑獲鳥の夏」でデビュー
  • 2004年1月、『後巷説百物語』 (角川書店)で第130回直木賞受賞
  • デザイナー出身で、現在も他人の作品の装丁を手がける。「妖怪馬鹿」で「時代劇フリーク」を自称。特に『必殺シリーズ』がお気に入り。
  • 作品の多くが映像化、マンガ化されている。自身で脚本したり、出演することもしばしば。プロデュース、編集なども手がけたことがある。

著書

関連書籍

CD

  • 荒野の七人みさき 妖怪プロジェクト×全日本妖怪推進委員会(京極夏彦), 天狗×京極夏彦, 天狗, 宮崎裕介(マキシシングル) ASIN:B0019CLJY4
  • かっぱのたからもの*1 妖怪プロジェクト, アダム・カバット&ザ・かっぱ, 木原浩勝とドナドナ合唱団, 妖怪プロジェクト×全日本妖怪推進委員会(京極夏彦)(アルバム) ASIN:B0019CLJVC

特徴

  • なぜかいつも黒い手袋をしてる。コムサとかのもあるらしい。
  • リトグラフなんかの制作も手がけている。
  • InDesignで原稿を執筆。つまり、著書のページレイアウトの指定も「原稿の段階」から自分で行なっている。

*1:予告ではタイトルは「墓に布団を着せました」だった

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ