京都民俗

(読書)
きょうとみんぞく

語義

狭義:京都を母体とする地方民俗学サークルが発行している雑誌の名称

1982年10月9日に発会式を行った地方民俗学サークルである「京都民俗学談話会」(2005年4月1日より「京都民俗学会」と改称し現在に至る)が発行している雑誌の名称。掲載されている論考群は、その名称から連想される如き「京都の民俗」に限定されておらず、論考が取り上げている地域も、とくに京都に限定されていないのが特徴。

広義:京都における民俗に関わるものごと。

amazon:京都民俗]あるいは[amazon:京都民俗学で検索される著作は、「京都民俗」の語感からイメージされるものである。しかしそれらの中に、上記で示した狭義の「京都民俗」に集う研究者達の著作は、稀である(その稀な例はたとえば以下)。

京都の夏祭りと民俗信仰

京都の夏祭りと民俗信仰

この興味深い現象については、京都における民俗学の展開について検討する必要がある。

関連語:「京都民俗学」

雑誌『京都民俗』

『京都民俗』バックナンバー|京都民俗学会参照のこと。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ