京鹿子娘道成寺

京鹿子娘道成寺

(アート)
きょうがのこむすめどうじょうじ

→「娘道成寺」


歌舞伎の中で
衣装を一瞬にして変えてしまう引抜きという方法を
ふんだんに使っての演出が特徴的。


満開の桜の花の下、
大きな鐘がそびえているというとても華やかな舞台です。

他に二人道成寺・奴道成寺・男女道成寺などなどと様々な
ヴァリエ−ションがあります。

あらすじは
昔、修行中の若い僧・安珍が清姫という女に出会います。
彼は熊野での修行の後、清姫と会う約束をしますが、
その約束を破ってしまいます。
怒り狂った清姫は蛇体となり、道成寺の鐘の中に逃げ込んだ
安珍を鐘の外から蛇の体で巻き込んでで焼き殺してしまいます。

ここまでが(歌舞伎での)道成寺の始まる前のお話。

踊りの部分は、
さて歳月が流れ、僧たちがその鐘の供養をしているところへ
美しい白拍子、花子が訪ねてきて奉納舞を舞うのですが、

実はこれが清姫で、いつしか執念の炎を燃やし、
鐘へとりつくのです。

この後半部分が道成寺という踊りになります。

新着ブログ: 京鹿子娘道成寺