人柱

(一般)
ひとばしら
  1. 工事の無事を祈るため、建造物の基礎に生贄として埋められる人。
  2. 転じて、ソフトウェアや新商品などの人工物のテストのために(時には自ら望んで)犠牲になる人。
  3. より広く、なにかの事柄を抑えるため、犠牲になる人。たとえば宮沢賢治の小説「グスコーブドリの伝記」

で、冷害を抑えるために、ひとり施設に残り、自分の命と引き換えに火山噴火を誘導するといったお話。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ