人質の朗読会

(読書)
ひとじちのろうどくかい

小川洋子による小説。
中央公論新社より2011年2月25日刊行。
異国で反政府ゲリラに拉致された8人の日本人が、監禁されている間に朗読会を開く物語。

人質の朗読会

人質の朗読会

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ