今江祥智

(読書)
いまえよしとも

児童文学者。1932年1月15日、大阪に生まれる。2015年3月20日、死去。
同志社大学文学部英文科卒業。中学教師、児童図書編集者を経て1960年に『山のむこうは青い海だった』を出版。以来、児童文学の創作者・編集者・評論家・翻訳家として精力的に活動し数多くの著書がある。そのうち主な作品は「今江祥智の本(全37巻)」(理論社刊)に収録されている。日本の現代児童文学のパイオニアであり、育ての親である。

代表作・創作

「ぼんぼんシリーズ」
ぼんぼん』(児童文学者協会賞受賞)
兄貴 (理論社の大長編シリーズ ぼんぼん 第 2部)』(野間児童文芸賞)
おれたちのおふくろ
今江祥智の本 第23巻 牧歌

「優しさごっこシリーズ」
優しさごっこ (理論社の文芸書版)
冬の光―続・優しさごっこ

海の日曜日 (少年少女小説傑作選)
写楽暗殺 (理論社の大長編シリーズ)
など

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ